2019年5月 7日 (火)

日本一!

10連休が終わりましたね!

みなさんは、ゆっくり過ごせましたか?

私は一泊家族で山中湖に遊びにいきました。

20年ぶりくらい?の山中湖。

目の前に広がる富士山の景色に圧倒されました!

こんなに美しかったのね、と。

Img_20190507_110814

スワンボートに乗りながら、うっかり落ちないように気を付けながら、撮りました。

雄大で、澄んでいて、何とも言えないエネルギーに満ちて。

パワーをもらえました。

やっぱり、日本一のものは、いいですね!

上を、上を、見ていると、そうなりたい、そうなろう、と思える気持ちが沸いてきます。

富士山と東京タワー🗼(今は高さはスカイツリーに負けますが)は、やはり日本一の良さがありますよね。

今の夢は、そのどちらもが見える家に住むこと、なのです😄

常に、上を見て、接して、暮らしていきたいですね。

いきましょう!

 

2019年4月27日 (土)

出し惜しみしない

少し前に、内館牧子の『すぐ死ぬんだから』という小説を読んで、『80代のハナさんという主人公の颯爽とした生き方、いいなぁ』と久しぶりにフィクションの世界を楽しみました。

そこから、作者の内館牧子の感性に興味を持ち、エッセイなどを読んでいて。

なんだか頭に残っている言葉が、『出し惜しみしない』でした。

朝ドラのストーリーを書くときに、先輩の作家の方から言われた言葉なのだとか。

『このいい盛り上がりは後半にとっておこう』とか、前半を無難に書き上げたりするのはNG、という意味で。

いいと思ったものはすぐ使う、するとまたもっといいアイデアが浮かんでくる。

そうして出来上がった朝ドラは大好評だったとか。

そうだよね~、人に教えるときも、その時持てるいいものは全て出す。

次回にわざわざとっておかない。

とっておくと、スペースが空かないから、もっといいものが降ってくる余地がない。

でも、出して空っぽになっていればまた新たなものがやってくる。

普段の生活でも、それは大事だなぁと思った最近の気になる一フレーズでした。

 

2018年11月28日 (水)

久しぶりの更新!

こんにちは。

前回の七夕パーティーから、早4か月半!

ご無沙汰しておりました。

幼稚園行事や日々の生活に、ブログを書こうかな~、ネタはどうしようかな~、なんて思いながら過ぎていました。

あれから、息子は成長し・・・、室外機を卒業しました!

そして今、次にはまっているものは、

「ワイパー」

なのです。

・・・・・・・。

息子よ、マニアック過ぎやしませんか。

という母の問いかけには耳も貸さず、ひたすら車のワイパーを見たり、棒を見つけては、2本を左右に振って、満足げ。

そして、同じくもうひとつはまっているものが、

「洗車機」

・・・・・・・・・・・・・・。

これまた、マニアックな動画がYou Tubeで探すとあるものでして、

ガソリンスタンドなどにある洗車機が、ブラシを回転させながら”ゴワーッ”と車を洗う映像をひたすら見て、満足げ。

最近、彼にヒットしたプレゼントは、

Img_20181128_120824

これ

コップを洗うブラシなのですが、これを2本買ったので、左右で何でも挟んでゴシゴシと洗車機張りに回転しながら洗っています。(洗っているフリ)

お風呂にもどこでも持っていく。

母としては、いまだ誰ともはまっているものを共有できない日々が続いております(笑)。

そして、私自身は、先日司会の仕事をお受けしまして、務めてきました。

カラーを学んだ出身校の「イヴ・ガーデン」のパーティー。

受講生はもちろん、プロダンサーの方、本物のわんちゃんも登場して、

色彩豊かな「じぶん服」を纏いながら舞い、会場を圧巻させるショーを披露してくれた皆さん。

「音楽」・「色」・「人」、はいいですね!

全て好きなもの。全て広がりがあるものです。

1543120280160

刺激的な一日を過ごさせていただきました。

では、また綴ります!

2018年7月10日 (火)

七夕パーティー

先日、7月7日、『Wakaカラースタジオ 七夕パーティー』を開催いたしました。

日ごろお世話になっているお客様などをお呼びして、お礼も兼ねて何か楽しいことをしたいなぁ、という気持ちから企画しましたこのパーティー。

おいしいお食事、綺麗な音色、楽しいおしゃべり、、、心地よい空間で自由な自己表現を楽しんでもらえたら嬉しいと思い、この日を迎えました。

Img_20180710_153237

雨の予報がなんと!くもりのち・・・晴れに!!織姫と彦星が出会えるじゃな~い。願い事が天まで届きやすいじゃな~い。と幸先の良いスタートでした。

スタジオのあるマンションの1階に、おいしい「中華Bar」ができたので会場はそこで。

ご夫婦で切り盛りされているのですが、ご主人の作る中華が何とも上品な味で、中でも五目チャーハンは、ふわふわで絶品なのです。どれを食べてもおいしいので、私もよく通っていて、味はお墨付き!この味を皆さんとシェアしたいと場所は迷わずここに決定しました。

そして、素敵な音色は・・・ゲストをお呼びして。

サックス奏者の細川慎二さんです。

Img_20180710_154142

まだ27歳という若さで、ストリートライブで300枚のチケットを手売り完売して、見事なコンサートを成功させたり、来年には1000人規模のコンサートを同じくストリートライブでの手売りで成功させたいと意欲的な細川さんは、常に上を、上を、目標に掲げて、自ら進む道を切り拓いている方です。

母が蒲田駅前のストリートライブでの音色に魅了されたことをきっかけに、私もコンサートで細川さんの切なく優しい音色を聴き、魅せられました。そして今回のパーティーで演奏してくださることになり、本当にありがたいご縁です。この素敵な音色も皆さんとシェアできる喜び!感謝です。

そして、七夕といったら・・・・笹の葉!

Img_20180710_153839

皆さんの願い事を短冊にしたためていただき、発表していただきながら飾りました。

すごいな、と感じたのは、言い切り型の短冊が多いこと。

たとえば、「健康でありますように」とか、「○○のように」、と書かれる方が多いと思っていたら、「○○になる!」「○○で幸せ」と、言い切り型の、もう叶っている文言がたくさんありました。

皆さん、さすがです!

そしてこちらは当たり付き短冊(はずれなし♪)。

Dsc_0545

皆さんにこの中のどれかが当たり、手にしていただきました。

1等は、当日にちなんだ数字の「25」番のオーラソーマボトル。(2018年7月7日の数字)

「フローレンスナイチンゲール」と名のついたこの癒しのボトルは、女性ゲストが多々いらっしゃる中で唯一の男性に当たりました!おめでとうございます!!

そして、皆さんの短冊がかかった笹の葉を前に、細川さんに「星に願いを」を演奏していただきました。

素敵な音色と、晴れやかなお天気と、皆さんのまっすぐな思いで、

必ずや願い事が叶う!(いや、皆さんの書き方だともう叶っている!)と、思いました。

そして、皆さんのご紹介したいことなども、自由に紹介していただきながら、楽しいおしゃべりは続き・・・、夜は更けて、名残惜しい中、お開きとなりました。

Beautyplus_20180710171827431_save

皆様、ありがとうございました!!

お帰りには、一輪の黄色いバラをお持ちいただきました。

Img_20180710_170256

星をイメージする黄色は「幸せ」「喜び」の象徴。

皆さんのお家で飾られて、そのような明るい光を灯してもらえたら嬉しいです。

また、ぜひ、楽しいことをご一緒しましょう。

今回はいらっしゃれなかった方も、またご一緒できますことを願って!

ありがとうございました!

<おまけ>

Dsc_0543_2

「ぼく、乾杯の発声やったよ♪ でもその後、こわくて泣いちゃったよ。」

2018年7月 4日 (水)

電車に乗って

つい先日、息子の大好きな電車に乗って、大好きなプールと海と温泉(全部水もの)のある下田へ旅行に行ってきました。

行きのスーパービュー踊り子では、「海、見えるね~」と楽し気に外を眺め、

Dsc_0480_5

ホテルに到着してからは、夕方から翌朝までずっと「プール、開いた?」「プール、開いてる?」と脳内の90%をプールのことで占め(残り10%は唐揚げのこと。たぶん。)

Dsc_0512_2

ひたすらプールに浸かり、ガタガタと震えながらも「まだ入る~」とねだるので、どうにか同じ水場の温泉に連れていき、身体を温めてまたプールへ、みたいな。

もし私が前世を診る人だったら、間違いなく

「あなた、魚でしたね。」

と言い切るであろう自信があります。

海での写真は撮り忘れてしまいましたが、波に向かってズンズン沖へと進んでいくので、こちらがヒヤヒヤしながら、そんなに進まないのっと止めに入るほど果敢に挑む息子。

陸よりも水の中の滞在時間の方が多くない?というほど、水中を堪能したこの旅行。

帰りのスーパービュー踊り子では、車掌さんが気を遣ってくださり、「写真をお撮りしましょうか?」と。さらになんと車掌帽まで貸してくださり、良い記念の一枚を残すことができました。

Img_20180704_180458_2

初めての本物車掌帽にもじもじしながらも、喜びを隠せない息子。

楽しいことがたくさん散りばめられた旅でした。

息子だけでなく、もちろん大人にとっても♪

明日からまた頑張ろー!とやる気スイッチをONにしてもらえた旅でした。

楽しいことは、人を元気にしてくれますね!

感性を使う

こんばんは。

先日、遊びに来てくれた友人と話をしていて思ったことがあります。

その方は、いつも面白い映画や美術館などに足を運び、「今のもの」の話題に事欠かないのです。

「どのようにして、そのような面白いと思うものを見つけているの?」

と素朴な疑問をぶつけてみると、

「歩いていて、駅の看板で興味をもったものを見に行ったり、映画は観に行くと次の予告を必ずやるので、それで観たいものを覚えておいて観に行くの。」

と。

彼女にとっては何気ないことのようなのですが、

私にとっては、久しぶりに「大事なこと」を思い出させてもらった思いでした。

便利になった今、何でも調べたいことは携帯に向かって「○○教えて」と言えば出てくる世の中。

家でソファに寝転がりながら、色んなものを知れているような気になるのですが。

確かに、便利な恩恵はありがたく、今ではないと困りますが、その一方で、

忘れてはならない、「自分の感性を働かせること」!忘れがちだったなぁ、と。

歩いて、自分の目で見て、耳で聞いて、手触りを感じて、「これ、いいな。もっと知りたいな。」と自ら切り開いていく感性。

なんとなく最近の日々では忘れがちでした。

アンテナを張って、本当に知りたいもの、欲しいもの、を自ら感じ取れる感性を、

改めて伸ばしていきたいな、と思うのでした。

2018年6月27日 (水)

それからそれから

こんにちは。
前回の更新からあっという間に2か月。
息子の幼稚園生活も慣れ、、と書きたいところですが、未だに朝は『幼稚園こわい~』と言って、その言葉の連呼に対応しながらお弁当作りながら、アクセクした朝を過ごしております。
息子の言葉は、語彙の少ない中から幼稚園を形容するのに『こわい』と言っているようなので、文言通りに受け取るとちょっと意味が違うのかな、と察するのですが、確かに、いつも自分のペースで過ごせる我が家と違って、
色々な性格の子供のエネルギーが集まる幼稚園、パパママと違う大人たち、一同に集結した時に感じる気持ちが『こわい』なのかな、と。
ちょっとその気持ちもわかる気がします。

でも社会って色々な人がいて、、そういうものなのですよね。
大人は傷つかないようにバリアを張る術を知っていますが、子供はむき出しだから余計に色々肌で感じるのでこわいのかな~と。
ですが、そんな経験を積みながら、自分と対他人との距離感とかバランス感覚を身につけていくのですよね。
まさに今が学びの第一歩!
自分の中で、バランスが心地よくとれる場所を見つけて、外の世界が楽しくなってくるのを、
頑張れ、息子!と見守っております。

そんな中、先日は八ヶ岳へリラックス旅行に。
相変わらず室外機に夢中の息子は、ファンのように回る風ぐるまを見つけ、
Img_20180627_130128
テーブルの上でクルクル🌀

母は、飲む。
Img_20180627_130907

夜は、『まぁまぁ一杯どうぞ』。
Img_20180627_131250

母は、飲む。
Img_20180627_133100

最近、私はお酒が好きなのだな~と実感します。
ほどほどのお酒は、脳が解放される感じがして。
本質が見えるような😆

さて、来月は、いつもセレクトショップなどでお世話になっているお客様と共に楽しいパーティーを企画しています。
美味しいご飯と美味しいお酒で💕
ご自身の解放を🎉共に楽しみましょう!
またブログでご報告させていただきます😊

2018年4月27日 (金)

室外機

皆さま、「室外機」はお好きですか?

マニアックな質問からスタートしましたが、ご無沙汰しておりました。

息子は、4月から幼稚園で新たな生活をスタートし、お友達との距離感や集団で行動すること、わがままを言えるばぁや(←私のこと)が傍にいない!という新しいことだらけに戸惑いつつの日々でした。

ですが、先生方にたくさん助けをいただき、昨日今日あたりで少しずつ「幼稚園が安心の場所」と理解し始めたようで、前進していく兆しが見えてきました。

私もそんな時の対応が初めてのこと。どう対処してよいのか、「このまま永遠に幼稚園に馴染めなかったらどうしよう」とか、「なんと声かけしたら息子の気持ちは前向きになるのだろう」とか、試行錯誤しながらの日々でした。

助言をくれた友人もおり、おかげさまで迷路の出口が少し見えかけてきたような気がしています。

さて、そんな息子の最近のブームが、掲題の「室外機」。

エアコンの恩恵はありがたくいただいていますが、室外機に脚光を浴びせたことは人生このかた初めてのこと。

歩いていても、自転車で過ぎ去るときも、

「あ、あっちも室外機ー!こっちも、室外機―!」

と喜々として叫び、「確認してくるね!」と、室外機の前に手をかざし、「回ってないね~。」やら、「早く回ってるね~。」など、ファンの回転について語っております。

男の子の興味は、つくづく不思議なものにいくなぁ、と思う日々。

エスカレーターの次は、「室外機」。

3歳児をもつ他のママさんにきいても、室外機にはまっているという子は誰もおらず。

大人でも子供でも、誰かの同意を得たいのですが、、、。

「室外機、お好きですか?」

今日も幼稚園のお迎え時に、室外機を巡りながら帰途につくのでしょう。

今月は特に、初めてのことだらけで、刺激的な日々を送っております

2018年2月28日 (水)

電車色

こんにちは。
日々が早いです。
毎回のように書いていますが、そんな風に思う日々が続いています。

息子も先日3歳を迎え、だいぶ言葉も交わせるようになり、個性もでてきました。

なんとも「こだわりが強い」。

今は、なぜかエスカレーターにはまり、買い物にいくたびに際限なくエスカレーターに乗らされています。
あの規則的な動きが面白いのでしょうか、、謎ですが。

エスカレーターのアナウンス(「降り口付近では足元にご注意ください」「小さなお子さまとは手を繋ぎ、ステップの中央にお乗りください」みたいなもの)を、何度も言うようにせがまれます。
おかげで私もエスカレーターアナウンスを完コピできるエスカレーターオタクと化しています。

そして、以前から好きな電車も、変わりなく好み、駅前から聞こえる走行音だけで「あ、これ成田エクスプレスだねぇ」と言うので、覗いてみると本当に成田エクスプレスが過ぎ去っていくという。

「オ、オタク~!」

と叫びたくなる日々を送っています。
息子がいなかったら考えもしなかったであろうことを一緒に考えてみたり、大人だと当たり前のことを気に留めるようになり、脳トレになっています。

そのオタクぶりを発揮するのが、少し前から、私の大好きな「色」を、全て「電車名」で呼ぶようになり。

黄色は「総武線」。黄緑は「山手線」。緑は「埼京線」←黄緑と使い分けている。紫は「半蔵門線」。
のように、普通に色の名前が電車になっているので、

「半蔵門線の飴食べる~。(紫色のぶどう飴)」
「総武線のチューリップキレイだね~。(黄色いチューリップ)」
「常磐線のズボンはく~。(青いズボン)」

みたいな会話が当たり前になってきていて、

私お仕事復帰した時に、
「山手線のスカーフがお似合いですよ」
「中央線のトップスは必須アイテムですよ」
みたいなマニアックなお伝え方をしないように、気をつけなければと思います。

4月から幼稚園に通うと、新しい社会を肌で感じ、ピュアな感性をさらに磨いて何を発するのかな、と期待をしつつ。

また時間を見つけて綴りたいと思います。
Beautyplus_20180215125202_save_2


2018年1月30日 (火)

赤いスイートピー

数年前に、「聖子ちゃんの歌にある『赤いスイートピー』というのは見たことがないのですが、…」という内容の記事を書いたことがあるのですが、

今日ふと目にした花屋さんのお花。
つい二度見。
ありました、赤いスイートピー。

Beautyplus_20180130174254_save

初めて見ました。
ピンクや白、紫などはよく見かけるのですが、こんなにはっきりとした赤は初めて。
お花やさん曰く、人工的ではなく、自然に咲いている色なのだそう。

今までお目にかかれなかったのはなぜかしら。
心の岸辺だけでなく、今、目の前で咲いています。

綺麗です😊

その記事、検索したら2008年に書いていました。
10年越しの出会い、長かったわ~。

«2018年